カフェインの取り過ぎは肌荒れのモト!良い効果と怖いデメリット

紅茶やコーヒー、コーラに栄養ドリンク、緑茶など身近な飲み物に多く含まれる成分「カフェイン」。

そのカフェインがもたらす脳の覚醒効果や疲労回復効果、解熱鎮痛効果などから、カフェインが多く含まれる飲み物を愛飲されている方も多いのではないでしょうか。

仕事をしている時や寝不足のまま起きた朝などにコーヒーを飲用して、「シャキッと目が覚めた」という経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

もし千円でニキビを改善できたら、毎日が楽しくなると思いませんか?

カフェインが良い効果がいっぱい!

カフェインには覚醒効果の他に、集中力をアップさせる効果や利尿作用、脳卒中のリスクを軽減させる効果、リラックス効果や脂肪の燃焼を促進する効果、抗酸化作用や心臓の機能強化作用、うつ病予防効果など、摂取することによって得られる効果は数多くあります。

これだけの効果がある成分であれば、多量に摂取すれば、より多くの効果を得ることができるようにも思えるものですが、ことカフェインに至っては、その限りではありません。

良い効果ばかりではない……実は怖いカフェイン!

適量を常用している分には問題はありませんが、カフェインには中毒性があり、一定量以上を取り過ぎると依存症を発症してしまう可能性があります。

また、ミネラルの吸収を妨げることにより、貧血を起こしたり、自律神経を乱したり、妊娠中の女性であれば胎児に悪影響をおよぼす原因となり、胃液の分泌を促進させ、胃酸過多や胃痛を引き起こすなどデメリットも多くあります。

カフェインによる肌荒れもあり得るという事実

カフェインを摂取するデメリットの中で、女性にとって一番の悩みの種となるのが「肌荒れ」です。カフェインが肌荒れに影響する原因は大きく分けて4つほどあります。

シミの原因であるメラニンを活発化させる作用や、自律神経を乱すことによって不眠症などの睡眠不足を慢性的に起こし、肌の新陳代謝機能を阻害する作用。

利尿作用によって、肌に必要なビタミンやミネラルを尿と共に排出させる効果。

胃酸の分泌を促進することによって、胃腸が悪くなり肌に悪影響をもたらすなど、適量では健康に良いとされる成分であっても、過剰に摂取すれば身体にとっては毒となることもあります。

カフェインは適量を摂取すれば素晴らしい効果が得られる成分ですので、自分に適した量の摂取を心掛け、上手に付き合いましょう。

もし千円でニキビを改善できたら、毎日が楽しくなると思いませんか?