ニキビを潰した跡を消す2つの方法

ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、雑菌が繁殖することによって引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。

きちんとケアしなければ皮膚の奥が傷つき跡に残ってしまい、コンプレックスになってしまうこともあるため注意が必要となります。

ニキビでやりがちなのが潰してしまうことです。潰した跡は必ず跡に残ってしまうため、悪化させないためには触らないことが一番大切です。

しかし、どうしても潰してしまうという場合にはしっかりケアしていくことが重要です。

もし千円でニキビを改善できたら、毎日が楽しくなると思いませんか?

ニキビを消す方法2つ

消すためには様々な方法があります。病院での治療と自宅でのケアの二つが選べますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

レーザー治療

病院での治療はレーザーや光での治療が中心となります。炭酸ガスやエルブウムヤグレーザーを使って肌の表面を削る蒸散タイプは皮膚に照射することによって肌の水分に反応させて皮膚組織を蒸散させます。

高い効果が得れられますが、ダウンタイムが長いというデメリットもあります。

削らない光治療としては、赤みを改善したり皮膚の代謝を良くする、コラーゲンの生成を促すため広範囲の治療に向いています。ダウンタイムがほとんどないですが、出力が弱いため治療するには何度も繰り返す必要があります。

セルフケア

また、自宅でのケアを行う場合には正しい洗顔と保湿が大切です。

正しい洗顔の方法としては、まず手についた雑菌を洗い流すため石鹸で手を洗います。次にぬるま湯で顔を洗ったら、洗顔料で顔を洗っていきます。

洗顔料はたっぷりのきめ細かい泡を作ってから顔を洗います。皮膚に触れないように注意しながら不要な汚れだけを洗い流していきます。

洗い終わったら洗い残しがないようにぬるま湯でよくすすぎます。

顔の水気を優しく拭き取ったら、すぐに保湿します。セラミドなどの高い保湿成分の含んでるケア用品を使うことによって正常な肌のターンオーバーの手助けになることでニキビ跡の改善や乾燥肌の予防につながっていきます。

まとめ

潰したニキビやニキビ跡を消す方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?レーザー治療・セルフケアにはそれぞれメリット・デメリットがありましたね。

総合的にニキビケアをしたいならケミカルピーリングという治療法もオススメですよ!料金もそこまで高くないですし、ターンオーバーの促進でニキビ以外の美容効果も期待できます。

以下のサイトを参考にしてみてください!

>>大阪のケミカルピーリングまとめ!

もし千円でニキビを改善できたら、毎日が楽しくなると思いませんか?