誰でも簡単にできるニキビ対策ナビ

黒ニキビや白ニキビの原因・対策を紹介しています!

ニキビ穴 赤ニキビ

ニキビの芯を出す2つの方法|赤ニキビは針で穴をあける!?

針

ニキビは芯を取ると早く治るような気がして、ついつい芯を絞り出すように取ってしまうことがあります。

実は、ニキビの芯の出し方を間違えるとバイ菌が入り炎症を起こしたり、悪化してニキビ跡になることもあるため注意が必要なのです。

 

ニキビの芯を出す2つの方法

ニキビの芯は毛穴に詰まった角栓で、芯は取ってよい場合とそうではない場合があるため、判断がつかない場合は皮膚科を受診しましょう。

取って良いニキビは、アクネ菌が増殖する前の初期のにきびです。

 

面皰圧子を使ったニキビの芯の出し方

ニキビの芯を出す場合は指で押し出すのではなく、面皰圧子を使います。指で押し出すと雑菌が入る場合や潰しにくいため避けましょう。

芯の出し方は、毛穴を柔らかくして出しやすいようにするため、お風呂に入って洗顔して肌を清潔にします。

面皰圧子の丸い方で芯を出します。丸い方で取れない場合は三角になっている方を使います。ニキビの芯を出した後は毛穴に穴があきます。雑菌が入りやすくなっているため手で触ることは避けてください。

穴が空いた毛穴は軽く水洗いしてアルコールで消毒を行ないます。エタノールを含んだ抗炎症作用があるにきび用の化粧水でも良いです。

 

針を使ったニキビの芯の出し方

にきびが進行して赤ニキビになっている場合は、針を使用します。お風呂に入りニキビの周辺を柔らかくし、洗顔をして肌を清潔にしてください。針も清潔にするのも忘れずに!

針をニキビの横から刺して、そのまま引っ張り上げます。ニキビの中から芯が出てくるため、取り出した後は毛穴を水で洗い消毒します。赤ニキビを潰す場合は、柔らかくなった状態のニキビで行ないます。

赤ニキビが硬い状態では針を刺すようなことはしません。

また、赤ニキビであっても潰してニキビの芯を出さなくても、抗炎症作用のある薬を塗ることでニキビを小さくさせることは可能です。

ニキビの芯を出すのは、やり方を間違えてしまうとニキビ跡になってしまう可能性があります。自分で無理に行なう必要はなく、不安であれば皮膚科や美容皮膚科に相談するのも良い選択です。

-ニキビ穴, 赤ニキビ