誰でも簡単にできるニキビ対策ナビ

黒ニキビや白ニキビの原因・対策を紹介しています!

白ニキビ

ニキビから白い膿を出す方法|手を使うとバイ菌が入って危険!?

2016/12/31

看護師

ニキビの白い膿は放っておけばよいというものではありません。

特に、白ニキビの白い膿は専門の道具を使って出しても問題ないとされています。では、どんな方法で白い膿を出すことができるのでしょうか。

 

ニキビから白い膿を出す時は手を使わず専門の道具を使おう!

ニキビの白い膿を出すためには、ニキビつぶし用の器具やピンセットなど専門の道具が必要です。

中にはこうした専門の道具を使わず、手で潰すという方がいらっしゃいますが、手で膿を出そうとすると力が入り過ぎたり、きちんと除菌できなかったりすることがあるため、基本的には勧められていません。

ニキビから白い膿を出す時は、専門の道具を殺菌消毒してから使うようにしましょう。

ニキビから膿を出す専門の道具の中には、面皰圧子と呼ばれるものがあります。これは一方が円い形をしていて、もう一方が三角の形をしているものです。
お肌が柔らかくなった状態の時に、この面皰圧子の丸いほうを使って膿を出します。これらの道具の殺菌消毒に際しては消毒液やエタノール、または煮沸殺菌という方法もあります。

 

ニキビから白い膿を出した後はアフターケアが大切

このように専門の道具を使って白い膿を出した後は、適切なアフターケアが欠かせません。

基本的に、ニキビの白い膿を出した後は毛穴がぽっかりと開いた状態であるため、非常に雑菌が入りやすい状態にあると言えるでしょう。

なので、すぐにきれいな水で患部を洗い流すようにしましょう。その後、殺菌成分が配合されている消毒液や軟膏などをつけておくことができます。

こうすることによって、毛穴から雑菌が入り込んでしまうことを避けることができます。

また、ニキビの白い膿を出した後は、エタノールが含まれている化粧水などをつけてケアする方法もあります。エタノールには炎症を防ぐ作用もあるため、ニキビのケアにも効果があると言われています。

ニキビの白い膿を出した後は肌が弱くなっているので、紫外線から肌を守るなどの対策を心がけましょう。紫外線対策を徹底することでシミの対策にもなります。

-白ニキビ