カフェインはニキビの天敵?!コーヒー・紅茶・緑茶の影響

「カフェイン」と聞くと、どの様な事を思い浮かべますか?

眠気覚まし、利尿作用がある、妊婦は摂取しない方がいい…等様々な事が挙げられるかと思いますが、「ニキビ」に関係がある事をご存知でしょうか。今回は「カフェインとニキビ」の関係性について解説したいと思います。

なぜカフェインでニキビができる?

カフェインとニキビの関係性には、「カフェインの効果」が大きく影響しています。

利尿作用による影響

カフェインの代表的な効果のひとつとして挙げられる「利尿作用」。体内の老廃物を排出してくれるので美容にも効果がありそうですが、老廃物と一緒に肌に大切な水溶性ビタミン(特にビタミンC!)やミネラルも排出されてしまうのです。

ビタミンCはコラーゲン生成にも関わってくるため、肌の乾燥にも影響があります。乾燥すると余分な皮脂が分泌されて、毛穴がつまりニキビが…恐ろしいです。

寝る前にカフェインを摂取した事で夜中に何度も起きてトイレへ…というケースもありますよね。ビタミンが排出されるだけでなく睡眠の妨げにもなると、ますます肌に悪そうです。

更に利尿作用によって水分を排出する事で「体の冷え」にも影響があります。冷えにより血流が悪くなることで、肌を作り出すための栄養素が行き届かなくなる事から、肌荒れ・ニキビへの影響が起こり得るというわけです。

興奮作用による影響

脳を興奮させ一時的に眠気を覚ましてくれるカフェインですが、就寝前に摂取すると当然ながらよく眠れなくなります。これはカフェインが日中に活性化する「交感神経」を刺激する事で起こる効果ですが、摂取量・摂取時間によっては「交感神経」「副交感神経」のバランスに影響します。

就寝時に向けて「副交感神経」が活発になるはずが、バランスが崩れてしまうとうまく寝付けたとしても睡眠が浅くなるなど、睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠不足は美容の大敵。よく聞く言葉ですが、それは睡眠中に行われる肌のターンオーバーに影響があるからです。先述した利尿作用の効果と合わせて考えると、尚の事就寝前のカフェイン摂取は控えたいところです。

胃酸の分泌による影響

食後のコーヒーはカフェイン効果の胃酸の分泌が期待されますが、過剰摂取すると「胃酸過多」などの症状に悩まされることにもなります。
近年、「腸内環境」という言葉をよく耳にしますが、消化不良や便秘などは肌にダイレクトに影響しますので、気を付けたい部分ですね。

カフェインの効果と副作用は、表裏一体と言えるようです。また、過剰摂取を控えればそこまで影響はないのかというと一概にそうとは言えません。普段からカフェインを摂取している人とそうでない人によっても影響に差が出るためです。

特にニキビや肌荒れ・アトピー性湿疹など普段から肌の弱い人はわずかな体調の変化が肌に影響しますので、注意が必要です。

カフェインが含まれる飲み物

そもそも成人が一日に摂取する(してよい)カフェイン量は250~400㎎と言われています。そして一日250㎎以上のカフェインを摂取すると睡眠に影響があるという研究結果もあり、肌荒れやニキビを気にされている方に限らず普段自分が飲んでいる物はどうなのか?と非常に気になる事と思います。

では、カフェインがより多く含まれている飲み物とはなんでしょう?一概にコーヒー、お茶といっても様々な種類がありますし、どれに気を付けたらよいのか…。

種類別に、カフェインの含有量について説明していきます。

カフェインが含まれる飲み物1.コーヒー

コーヒーは、抽出時間でカフェイン量が変わってきます。エスプレッソなどは濃いのでカフェインも多いのでは?と思いがちですが、実はドリップのように時間をかけて抽出するコーヒーの方がカフェイン量が多いのです。

エスプレッソ…40mlで70~100㎎。一杯の量が40~50ml程度と少ないのが特徴です。
ドリップ…150mlで100~130㎎。豆の種類や浅煎り・深煎りによっての上下が大きいです。
インスタント…150mlで約70~80㎎。様々な種類の中の平均量になります。

この他缶コーヒーも、100mlで34~90㎎のカフェインが含まれています。ボトルタイプなどの量が多いものになると、当然カフェイン量も多くなります。

カフェインが含まれる飲み物2.紅茶

コーヒーとともに、カフェインを含む飲み物の代表として挙げられる紅茶ですが、そのカフェイン量は150mlで約30㎎ととても少なく感じます。紅茶として抽出する一般的な濃さだとこれくらい、という事なのですが、市販のミルクティーなどは紅茶を濃くしているのでカフェイン量が多いようです。

また、ペットボトル飲料の紅茶だと500mlと量が多いのでそれに伴いカフェイン含有量も多くなっています。そして気を付けたいのが「紅茶の茶葉を使ったクッキー」等です。

茶葉そのもののカフェイン量はコーヒーと同等くらいあると言われていますので、紅茶として飲むよりも摂取量が増えてしまうというわけです。

カフェインが含まれる飲み物3.緑茶

紅茶と同様、こちらも茶葉を抽出して飲むものなので150mlで約30㎎となっています。ほうじ茶、ウーロン茶、番茶などもほぼ同等のカフェイン量なのですが、「玉露」にはコーヒーの3倍近いカフェインが含まれていますので注意が必要です。

その他にカフェインが含まれる飲み物

栄養ドリンクやコーラ、ココアなどにもカフェインは含まれています。こうして考えると「ノンカフェイン」と呼ばれる商品を買わないとカフェインは避けられないのでは…?と思ってしまいますが、実は「麦茶」にはカフェインが含まれていません。

他には「ごぼう茶」「黒豆茶」「そば茶」等、よく原材料を考えてみればわかるのですが、意識しないと気付かないものです。

食べ物にもカフェインは含まれている!

飲み物だけでなく、食べ物にもカフェインは含まれています。チョコレート(カカオ)は何となく耳にしたことのある方もいるかもしれません。他にも眠気覚まし用のミントガム・ブラックガムにもカフェインが含まれています。

更に意識が向きにくいのは「チョコレート味」「コーヒー味」「ココア味」などのお菓子・ケーキ・アイス等です。微量だとしても当然カフェインが含まれていますよね。そしてこれより見逃しがちなのが「抹茶」です。ふりかけやお茶漬け、原材料名をよく見ると「抹茶」と記載されている場合があります。

コーヒーや紅茶・緑茶、それぞれに含まれるカフェインには違いがあるの?

カフェインの違い、というよりは飲み物本来の特徴によって肌への影響に違いがあると言えます。例えば紅茶には利尿作用と同時にのどを潤す効果や、テアニンという「カフェインの効果を抑制」する成分が含まれています。

緑茶・玉露に含まれるタンニンにも、テアニンと同様の効果があります。つまりコーヒーはカフェインの効果が抑制されることなくダイレクトに表れるため、カフェインを含む飲み物の代表格として扱われる事が多いというわけです。

カフェイン摂取によるニキビへの対策!

ここまでカフェインとニキビの関係性について、カフェインが含まれる飲み物について紹介してきました。ドキリとするような内容もあったかと思います。「ニキビ対策にはカフェインを摂らない方がいいの?」と思っても、普段からカフェインを摂取している方にとっては、すぐに「カフェイン絶ち」をする事は難しいのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと「生活リズムに沿った、上手なカフェイン摂取を心掛けよう」という事ですね。その為に気を付けたい二大ポイントとしては、

①寝起き・空腹時・就寝前はカフェインを摂取しない
特に就寝前8時間以内は控えた方が良いと言われています。
②過剰摂取をしない
一日に必要なカフェイン量と含有量について、飲む前に頭の片隅に思い浮かべると効果がありそうですね。カフェインには良い効果もたくさんありますので、それらを上手に利用しながら生活していきましょう。